MENU

保証は絶対必要

ワキガ手術を行う場合は保証を絶対つけてもらいましょう。
ワキガや多汗症の治療法というのは再発の危険性が最も高いものの一つで、
口コミや体験談を見ても分かる通り、
外科手術やレーザー治療を施しても数カ月で再発してしまったという患者も多くいるのが現状です。

 

クリニックによっては無料で保証を付与してくれるところ、有償で保証に加入するところとありますが、
必ず保証に関してはカウンセリングの段階で聞いておきましょう。

 

保証期間と料金は?

 

一般的にクリニックが用意している
保証期間は1年から長くて2年程度となります。
保証期間内でもしワキガが再発してしまった場合は、
無料で再治療をしてくれるところと、
半額で治療をしてくれるところなど保証内容はさまざまです。

 

ただしおすすめは無料で治療をしてくれるところです。
もちろん一度の治療で済めばそれにこしたことはないのですが、ここではあくまでも再発したときを想定しますので、やはり無料保証をしてくれるクリニックを探すべきだと言えます。

 

また、クリニックによっては通常の保証は半額ですが、
加入時に数万円払うことによって無料保証にグレードアップできるところもあります。

 

その場合は、是非無料保証に切り替えてください。
それほど、
再発の危険性を考慮しなければならないことを
ワキガに悩む患者の方は認識する必要があります

 

再発するとしたらどのくらいで?

 

再発するかどうかはもちろん個人差がありますが、一般的に1年以内に再発する人が多いようです。
早い人であれば3カ月、半年程度でワキガ臭がしてくる患者も多くいらっしゃいます。

 

再発の原因は?

 

ワキガ手術の治療法は大きく分けて『外科手術』と『レーザー治療』の二つとなります。
この二つの治療法が半永久的な効果が望める治療法となります。

 

しかし、外科手術もレーザー治療も治療の目的は共通して
『アポクリン汗腺とエクリン汗腺を除去する』ことです。

 

つまり、外科手術であれば医師が汗腺を見逃して切除しきれなかったためであり、
レーザー治療であれば、レーザーが汗腺を破壊しきれなかったために再発するのです。

 

よく汗腺が増える、増殖すると勘違いされている方もいらっしゃいますが、汗腺は再生するものではなく、成長するものだということを覚えておいてください。

 

保証の落とし穴

 

保証期間は無料で再手術、治療を施してくれるとうたっているクリニックで再治療を依頼した場合、
断られるケースも中にはあります
ワキガ治療の保証とは非常に微妙、曖昧なもので、
保証対象になるかどうかというのは医師の判断に依存するのです。

 

例えば自分ではワキガがまだ治っていないと思っても、
医師がそう思わない場合は保険の対象とならなくなります。

 

一般的には『誰もが認識できるほどのワキガ臭が再発している場合』に限り保証の対象となるのですが、
その『誰もが』の部分が医師の判断となってしまうのが保証の唯一の欠点となります。

 

ワキガ治療を受ける場合は最初に必ずカウンセリングがあり、その際に保証の内容も説明されます。
そのときに納得いく説明を受けられるかどうかもクリニックを選ぶポイントともなります。

 

もしクリニック側に都合が良すぎる保証内容となっている場合は、
他のクリニックと比較することを強くおすすめします。