MENU

「ワキガは遺伝」の真相

「父親がワキガだから自分もワキガかも」
「両親共にワキガの場合は100パーセント自分もワキガ?」

 

ワキガは遺伝的な要素も多分にあります。
しかし、必ずしも遺伝が子に受け継がれるわけでもありませんので、
両親がワキガだからといって自分もそうだと決め付けるのは時期早々です。

 

ワキガは遺伝する

ワキガは確かに遺伝の要素があります。

 

確率で言えば、両親のうち片方がワキガの場合は、子に受け継がれる可能性は50パーセント

 

対して両親双方がワキガ体質の場合は、子どもに受け継がれる可能性は約80パーセントとなります。

 

確かに80パーセントは数値だけを見れば高い数値ですが、言い換えれば両親がたとえワキガを持っていても、100パーセント自分に遺伝するとは限らないとも言えます。

 

ワキガは優性遺伝

 

ワキガは優性遺伝のため、親から子へ、孫へと受け継がれやすい体質の一つです。
ワキガ体質の方の中には「自分の両親はワキガじゃないと思うけど…」という方もいらっしゃいます。

 

しかし、ワキガは後発的に備わるものではありませんので、
必ず祖父母など血筋の中にワキガ体質の方がいらっしゃるはずです

 

遺伝だから諦める?

 

確かにワキガが遺伝である以上、自分がワキガ体質の場合は子どもに受け継がれる可能性も高くあります。

 

しかしながら、現在ワキガ治療に関しては医学的にも進歩しており、今後もさらなる治療方法が生み出されることでしょう。

 

ワキガは治らない病気ではございませんし、
適切な手術をすれば
ほぼ100パーセント完治することも可能です。

 

それよりも危険なのは、自分がワキガ体質であることに自虐的になって別の精神障害を併発することです。
幼少の頃にワキガを指摘されると、それだけで自分が社会的不適合者と思ってしまいがちです。

 

イジメによる不登校も現実的に社会問題となっており問題視されています。

 

しかし、ワキガが嫌なのであれば治療をすれば済むことですし、
世界から見ると日本人のワキガ患者は非常に少ないことも言えます。

 

そう考えるとワキガによって人生が狂うことなどもってのほかですし、
海外から見たら「そんなことで。俺の周りなんて皆ワキガだぞ」と笑われることでしょう。

 

治療になかなか踏み出せないのであればドラッグストアなどで市販されている
デオドラントスプレー消臭効果のある石鹸も多数ありますので、
いくらでも抑えることができます

 

悩むよりも実行に移すことの方が大事だということを覚えておいてください。