MENU

良い汗と悪い汗。発する匂いが違う

汗をたくさんかく人とそうでない人。
べたつく汗をかく人とさらさらした汗をかく人。
無臭の汗をかく人とワキガ臭の汗をかく人。

 

本来汗とは体温調節のためにかくもので、その汗は無臭のはずです。
しかし、ワキガの人の汗はなぜか匂いがきつい。これは別頁で説明しましたが、
アポクリン汗腺のせいです。

 

では良い汗と悪い汗とはもう少し具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

 

体温調節のための汗はエクリン汗腺

激しい運動をしたときや体調不良で発熱を起こしたとき、
汗が大量に分泌されます。

 

これはエクリン汗腺が分泌した汗であり、
体温調節のための役割をしています。

 

このときの汗は基本的に無臭です。
ただし、大量にかくと「汗臭さ」がでてきます。

 

しかし、
ワキガと呼ばれる人の汗腺はアポクリン汗腺が人よりも発達
しています。
すると、どのような現象が起きるのでしょうか。

 

べたつく汗

 

ワキガの人がかく汗というのは『黄ばんでいる』『べたついている』
などの共通した症状があります。
ではなぜ、べたつくのでしょうか。

 

これは細菌がワキに繁殖してしまっているからです。
本来アポクリン汗腺から分泌される汗の成分は無臭です。

 

しかし、体外(ワキ)に出ると、この汗がアルカリ性へと変わります。

 

アルカリ性のおかげで細菌は活発化してしまい、
次々に増殖してしまうのです。

 

増殖した細菌はわき毛や服に付着するため、べたつき、黄ばんだ汗となります。
これがワキガ臭となるのです。

 

良い汗と悪い汗

 

このように、汗には良い汗と悪い汗があります。
この境界線は『アポクリン汗腺由来の汗か、エクリン汗腺由来の汗か』によります。

 

ちなみにエクリン汗腺から分泌される汗というのは弱アルカリ性のため、細菌が繁殖しにくい環境となります。ゆえにさらさらした無色無臭の汗なのです。

 

ワキガの汗は非常に刺激臭がしますので、運動直後は特に周囲に影響を及ぼします。
デオドラントスプレーには細菌の繁殖を防いだり、匂いのもととなるたんぱく質などの成分を分解する役割があります。

 

ワキガの方は治療しなければアポクリン汗腺の分泌を抑えることはできませんので、
それまでは自分でできるワキガ対策を講じるようにしましょう