MENU

最も気になる男性のワキガ。その対策方法は?

ワキガは他の体臭(口臭など)と比べると、男性が最も気にする臭いです。

 

  部位

比率

ワキガ

46%

口臭

24%

14%

加齢臭

11%

頭皮のニオイ

5%

 

ワキガの特徴には
『多汗症』『自分でも気づくくらいの匂い』があります。

 

特に蒸し暑い夏場などは汗が大量にでますので、
匂いが服にも染み付いて対策不可能の事態に陥ることもあるでしょう。

 

私が使用しているワキガ消臭アイテム
クリアネオ

体臭を抑えるアイテムとして人気の
「CLEANEO〜クリアネオ〜」

 

非常に消臭力が高いと聞いたので使用したところ、
朝1度塗るだけで洗い落とすまで効果が持続しました。

 

ワキガ・足臭・加齢臭(うなじ、耳回り)すべてに使用OK

 

 

価格

最安値

評価

5,980円

4,980円

男性のワキガ臭は強烈!

ワキガと口臭の共通点の一つとして、
『不快な匂いを発する』ことが挙げられます。

 

しかし、口臭対策というのはいくらでもあるのです。

 

ガムを噛んだり、唾液を分泌したり、
もっと簡単に言えば人前であまり息をしなければいいのです。

 

また、口臭が周囲に及ぼす範囲は極めて限定的です。

 

一方ワキガはどうでしょうか?

 

ワキガは体から発する匂いの中でも最も強烈で、
例えば学校や職場などでは隣の席の人は確実に感じますし、
その前後の席の人もおそらく匂いを感知することでしょう。

 

また、ワキ汗は見た目にも映りますので非常に目立ちます。
その結果、周囲が自分から離れているのに気が付かない人が大勢います

 

できればワキガであることを周りに悟られる前に対策を施したいところですが、
まず男性は自分がワキガであることを自覚しなければなりません。

男性のワキガ対策とは?

ワキガに至っては、何かしらの対策を打たない事には、
臭いを抑える事ができないのです。

 

ワキガ臭を抑える為にはどんな対策をすればよいのでしょうか?

 

根本的に治す方法は手術のみ

 

 

残念ながら、ワキガを根本的に治すには手術が必要です。
ワキガというのは体の内部にある汗腺が原因となっていますので、
そのニオイの元となる汗腺を除去しない限りはワキガは治りません。

 

ボトックス注射外科手術レーザー治療など、
あらゆる治療法がありますが、それなりの出費は免れません。

 

また、ワキガ手術には失敗例も多く、
多額のお金を掛けたにも関わらず後々再発してしまうケースも多くあります。

 

手術をお考えの方は今一度よく考えましょう。

 

 

ワキガ臭を抑える・隠す方法は存在する

ワキガを治療するには手術しかないのは事実ですが、
改善する方法なら自宅でも可能となります。

 

 

 

その方法と言うのがデオドラント商品の使用です。

 

と言っても、市販で売られているデオドラント商品はどちらかというと、
一般の汗や汗の臭いを抑えるものでワキガ臭を抑える商品ではありません。

 

ワキガの方は消臭力に特化したデオドラント商品を選ぶ必要があります。

 

必ずしも根本的に治す必要があるわけではない

先にも言った通り、手術には少なくともリスクが伴います。
そのリスクを冒したくないのであれば、ワキガ臭を抑えるしか方法はありません。

 

むしろ、デオドラント商品の使用でワキガ臭が抑えられる!
その様なレベルのワキガ臭であれば手術は別に必要ないんです。

 

実際、私もワキガを持つ一人で、
以前までは手術を本気で考えていた事もありました。

 

しかし、今ではクリアネオという
デオドラントクリームを使用することで、
完全にワキガ臭を抑えられています。

 

>>クリアネオによる消臭実体験はコチラ<<

 

男性は女性と違って香水をつけたり、
デオドラントスプレーに関心が薄い為
ワキガ対策をおろそかにしがちになってしまいます。

 

自分自身がワキガである事に気付いている以上、
何かしらの対策をしない事には臭いは抑える事もできません。

 

男性はワキガに気づかない傾向

自分がワキガであることに気づく年齢というのは
おおよそ中学から高校の12歳から18歳くらいまでの間です。

 

生徒と集団生活を強いられる学校で、
生徒たちとの距離も近いため
誰かが「○○君ってワキガだよね」と指摘してくることでしょう。

 

 

また、直接指摘することを躊躇って影で噂話が広まり、
いつしか自分の耳に届くといったケースもあります。

 

しかし、中にはこの年代でもまったく気づかない人もいます。
往々にしてその方々は部活に励んでいるからです。

 

朝練を終えたあとは汗だくになるので当然服を着替えて学校に行きますし、
ワキガでなくとも制汗スプレーを体中にすることでしょう。

 

 

また、熱がこもりやすいワキにもスプレーをするので、
無意識のうちにワキガ対策をしていることとなります。

 

スポーツ部に所属する男性の方々は
『汗をかいたあとだから、汗臭くて当たり前』という環境の中いますし、
クラス内の周囲の生徒も同様に考えているものです。

 

 

ただし、この年代に自分がワキガであることに気づかなかったせいで、
後々後悔することになってしまうこともあります。

 

ワキガは放っておいて自然と治るものではありません。
高校を卒業したら大学、企業就職を経て多くの人と出会うこととなります。

 

また、異性への恋心も芽生えますので、
相手に自分がどう思われているのかが気になって仕方がないときも来るでしょう。

 

 

20歳を過ぎてはじめて自分がワキガの体質であることを知ったとき、
そのショックは言葉では言い表せません。

 

中には「男性だから無理して治す必要もないよ」と言ってくれる人もいるでしょうが、
それに甘んじてはいけません。

 

社会に進出し、
女性の手をひいていく男性だからこそワキガを改善する必要があるのです。

 

そういった意味でも、もし「自分はワキガなのではないか…?」と感じたら、
すぐにクリアネオなどのデオドラントクリームからでも、今すぐワキガ対策をすべきでしょう。

 

クリアネオの公式サイト