MENU

ワキガを消すデオドラントスプレー

ワキガ体質を持っている方は、本心はクリニックで治療をしたいはず。
しかし、治療費の問題であったり、
未成年なので親の承諾が必要で治療を受けれない方もいらっしゃいます。

 

そんな方はデオドラントスプレーで対策をしましょう。
スポーツをしたあとは暑い日などでワキにかければ一時的に匂いを抑えることができます。

 

また、学生であればワキガでなくともデオドラントスプレーは持っていますので、
バレることなく安心して使うこともできます。

 

デオドラントスプレーの特徴

 

デオドラントスプレーの最大の特徴は何と言ってもその手軽さです。

 

コンビニやドラックストアー、スーパーなど、どこでも購入できますし、安価のため学生でも購入することができます。デオドラントスプレーには主に三つの種類があります。

 

汗を消すタイプ

 

スポーツをしたあとは汗をかきます。
ワキガの方は特にワキに大量の汗をかきますので、まずはなんとしてでもこの汗をなくしたいところです。
発汗が続けば服にも染み付いてしまいますし、そうなると、たとえ汗がひいたとしても服に染み付いた菌が繁殖して匂いを抑えることができなくなってしまいます。

 

殺菌、抗菌タイプ

 

最近流行っているのが銀イオンの成分を含んだデオドラントスプレーです。
銀イオンには殺菌効果があるため、ワキガ臭を発する細菌を滅菌することができます。
使い続けているとワキガ臭が少なくなる可能性もあります。
銀イオンが含まれているデオドラントスプレーはラベルに『銀』、もしくは『Ag(銀の元素記号)』と表記されているので、ご確認ください。

 

匂いを誤魔化すタイプ

 

これは香水タイプのスプレーです。
近年は男性でも香水を付ける方も多くなり、ファッションの一部となっています。

 

このタイプのスプレーで匂いを変えれば、
逆に周囲から「○○君、良い匂いするね」と褒められるかもしれません。

 

しかし、注意して欲しいのは、このタイプのデオドラントスプレーは諸刃の剣になる可能性もあることです。
ワキガ臭と他の匂いが混じって、化学反応のごとく強烈な刺激臭へと変わる恐れもあります

 

欧米人の方でもよく見かけますね。
大量の香水をつけているおかげで、逆に匂いがきつくなってしまっている方がよくいらっしゃいます。

 

デオドラントスプレーの匂いの種類にもよって変わりますので、こちらを利用する場合は、人のいないところで一度どのような匂いになるか確かめてみた方がいいかもしれません。

 

衣類は必ず取り替えよう

 

スポーツなどを行って汗をかいた服のままデオドラントスプレーをやっても意味がありません。
それこそ逆効果となる恐れがあります。

 

ワキガ臭は服に付着してしまいますので、必ず汗が染み付いた服は着替えるようにしてください。
また、デオドラントスプレーを使う前は、必ず汗をタオルで拭うようにしてください。

 

汗をかいたまま使うと、せっかくスプレーを使っても汗と一緒に流れ落ちてしまい、効果は半減です。

 

最近はさまざまな種類のデオドラントスプレーが市販されているので、よく効果や成分を選んでから購入するようにしてください。