MENU

ワキガの臭いを抑える服を選ぶ

ポリエステルなどの化学繊維はワキガの臭いを悪化させるということは前に述べましたが、
ワキガの臭いを抑えてくれる素材もあります。
それは、自然素材である「絹・麻・綿」です。

 

絹は高価で頻繁に洗うと布地が傷みやすいので、
頻繁に服を洗いたいワキガの人には向きませんが、
麻や綿は丈夫で扱いやすいという面でもよいでしょう。

 

通気性や吸水性に優れている綿は、直接肌に触れる肌着やパジャマなどにも最適です。
通気性や速乾性に優れている麻は、夏に着るジャケットなどのアウターに向いていると言えます。

 

化学繊維の服を着たいときは

いくら自然素材のものが良いといっても、
デザインなどが気に入ったものが化学繊維のものだったら、それを着てみたいと思うでしょう。
ワキガだから着られないとあきらめてしまうのは、
オシャレの幅も狭まってしまうので、オシャレの楽しさもなくなってしまいます。

 

そのようなときは、デオドラントをしっかりとした上で、
綿素材の脇パットを付けて着てみるとよいでしょう。

 

できれば交換可能な脇パットにして、
汗をかいたら換えるようにすると、臭いを防ぐことにつながります。

 

ワキガの臭いがついてしまった衣類の洗い方

洗濯したきれいな服なのに、なんとなく脇の下が黄ばんでいたり、
ワキガの臭いがしたりすることもあるのではないでしょうか。
せっかくデオドラントでケアしても、ワキガの臭いのついた服を着るのは、臭いを自らつけているようなものです。

 

普通に洗濯しただけでは取れないのであれば、何度同じように洗濯しても大差がありません。
臭いや黄ばみをとるための特別なケアをする必要があります。

 

ワキガの黄ばみはワキガの原因となるアポクリン腺から出る、脂質やタンパク質などの成分を含む汗ですが、その中に「リポフスチン」という色素の成分も入っています。
この「リポフスチン」が黄ばみの元です。

 

「リポフスチン」の黄ばみをとるには「重曹」が効果的です。
重曹には消臭効果もあるので、服についたワキガの臭いにも効果があります。

 

500mlのペットボトルに水を入れ、そこに大さじ1杯の重曹を入れ、よく振って溶かし、重曹水を作ります。
その重曹水を洗面器などにいれて、黄ばんだ服を一晩つけたのち、普通に洗濯します。

 

また、臭い対策としては「酸素系漂白剤」の使用も効果的です。
こちらも水で薄めて、つけ置きをして、普通に洗濯するだけです。

 

洗濯機に入れる前のひと手間で臭いや黄ばみも取ることができます。