MENU

ワキガと汗の関係

ワキの内部にはアポクリン汗腺とエクリン汗腺という二つの汗腺があります。
この二つが作用することによって通常の匂いとは異なるワキガ臭を発することとなります。

 

汗腺の働き

アポクリン汗腺とエクリン汗腺は双方とも汗を分泌させる働きを持っていますが、通常の方はエクリン汗腺からの汗の分泌量が非常に多いため、匂いはワキガのような強烈なものにはなりません。

 

過激な運動をしたあとは汗が大量に出て汗臭くなりますが、
これはエクリン汗腺が機能していることが原因です。

 

ではワキガ体質の方の汗腺はどうなっているのでしょうか。

 

ワキガ体質の方は往々にして普通の人よりもアポクリン汗腺が発達していることが挙げられます。
二つの汗腺が発達しているので、通常の方よりも多くの汗をワキにかいてしまうのです。

 

しかし、
現在医学的には、このアポクリン汗腺自体にはワキガ臭となる匂いは含まれていないとされています。

 

日射しが強いときや運動をしたあとはアポクリン汗腺から大量の汗が分泌されます。
その汗が皮膚上に出て、エクリン汗腺や脂肪分と混じり合うことによってワキガ臭となると言われているのが通説です。

 

よって、治療を施すさいはアポクリン汗腺を除去することが目的となります。
なお、成長したアポクリン汗腺は目で見ることができます。

 

わき毛が剛毛の人はワキガが多い

 

こちらもよく言われていることですね。
わき毛が濃く、剛毛の人は往々にしてワキガ体質を持っているとされています。
しかし、こちらはあながち噂だけでもないようです。

 

ワキガのもととなるアポクリン汗腺は太いわき毛にくっついていることが多いことが分かっています。
よって、わき毛が多く、
剛毛の人はそれだけアポクリン汗腺が発達している可能性があるのです。

 

わき毛を剃れば匂いは収まる?

 

では剛毛の方はわき毛を剃ってしまえば匂いは収まるのでしょうか。
答えは半分正解で半分不正解です。

 

汗腺は皮膚の下にあるものなので、
たとえわき毛を剃ったとしてもアポクリン汗腺を除去することにはなりません。

 

しかしながら、ワキガ臭というのは二つの汗腺から分泌した汗がわき毛に絡みつき、
そこで細菌が繁殖することによって特有の刺激臭を発します。
そのことから、わき毛を剃れば、少しですがワキガ臭を抑えることができるでしょう。

 

また、ワキガ手術でアポクリン汗腺を取り除いた後はしばしばわき毛が薄くなったり、
生える量が減るのもアポクリン汗腺とわき毛の繋がりが強いためです。

 

ワキガと汗の関係

 

このようにワキガと汗は非常に密接な繋がりを持っていることが分かります。
ただし、上記の説明を見ても分かるように単に汗を大量にかく人がワキガではありません。

 

「自分はいつもワキに大量の汗をかくからワキガかもしれない」
と悲観的に考えている方は、その心配はありませんので安心いただけます。

 

ワキガは現在では疾患として捉えられていますので、他の人とは違った異臭をする場合はクリニックに相談に行くことで解決の糸口を見つけることができるでしょう。